宅建試験に合格する人のパターンとは


宅建試験初心者合格サイト宅建の学習方法>宅建試験に合格する人のパターンとは

カテゴリ

宅建試験に合格する人のパターン

 宅建試験に合格する人の思考・行動パターンは以下のように推察されます。

合格者の行動パターンを分析する

 宅建に関する各種のサイトや掲示板を見ていると、宅建試験に合格した人の体験談や不合格となった人の体験談が多数掲載されています。また、宅建関連の書籍にも合格体験談が多数掲載されています。
 それらの体験談やインタビューを読んだり、自分の学習経験を思い返してみると、宅建試験を受験する方の取り組み方には、合格し易いパターンと不合格になり易いパターンとがあることが分かってきました。
 宅建試験に合格する人の思考・行動パターンについて考えてみます。

過去問中心に学習すること

 私達は資格試験の学習と言うと、まずは基本書或いはテキストの通読有りきで、基本書を暗記するくらいに読み込まなければならないと思いがちです。基本書を繰り返し読むこと自体は必ずしも悪くないのですが、それだけでは合格する得点力が身に付きません。
 基本書を読むだけではおそらく平均点にも届かない可能性があります。なぜなら、情報をインプットするだけでは試験問題で問われる論点やポイントが何であるかが分からないので、試験本番で正解を導き出すことが困難だからです。
 宅建試験では過去に出題された問題が少し形を変えて何回も繰り返し出題されます。従って合格するには過去問対策が重要と言えます。
 過去問対策を繰り返すと、問題として問われ易いポイントが次第に見えて来ます。過去問を解いた際に全く分からなかったり、間違えたり勘違いしたりすることで、どの様な形式で何が問われるのかという問題意識が生まれます。
 この問題意識を持った上で改めて基本書で復習したり確認したりすることで、単なる情報から問題を解く為の知識・知恵に変わります。
 過去問を複数回解くことは合格への近道です。過去問集を始めから終わりまで解いたら、また始めから2巡目を解きます。何回繰り返せば良いのかは一概には言えませんが、繰り返し過去問を解くことで理解は深まります。

試験の全範囲を学習すること

 試験の全範囲を学習せよというのは、基本書を始めから終わりまで暗記するくらい読めという意味ではありません。ある分野は深く学習したのに、ある分野は全く学習しないということでは駄目だということです。
 とりあえずは試験範囲全体を一通り学習して宅建試験の全体像を把握することが必要です。学習の初期段階では深く理解することよりも概要を把握することの方が重要です。宅建の試験範囲はかなり広いので、全範囲を学習する前に挫折する人が多いのではないかと推察されます。

宅建受験者の犯す過ちの中で最大の失敗は、
・試験の全範囲をカバーする前に挫折すること。
・試験の全範囲を学習する前に時間切れとなって試験日を迎えること。

だと思います。
 初めのうちは学習の深度が浅くても構わないので、ざっと試験の全範囲を見渡すことが必要です。
 分厚い基本書は通読しない方が良いということと、ざっと試験の全範囲を見渡すのが良いということは矛盾するように思われるかも知れません。しかし分厚い基本書を通読することは、途中で挫折する危険性をかなり含んでいます。
 どうしても基本書を通読したい人は入門書レベルの薄い本にして短期間で読む。分厚い基本書を使用する場合は分野毎に分けて読んで、読んだらすぐに当該分野の過去問を解くというように、分野別に取り組むのが良いと思われます。

極端な苦手分野を無くすこと

 宅建試験の全範囲を学習したとしても、人それぞれ得意分野と苦手分野が出てきます。
そこで重要なことは、
・仮に苦手な分野だとしても、それなりに得点する力が必要だ。
ということです。
 得意な分野では積極的に高得点を狙い、苦手な分野でも半分位は得点する力が必要です。この分野は苦手だから捨てるとか、零点に近いというのでは合格は程遠いと言えます。

模試を複数回受けて自分の実力を客観的に判断すること

 過去問対策を行なうと平均点か、或いは平均点を少し超える程度の得点力が付くと思われます。
 理解力の高い方の中には過去問対策で合格圏内に達する方がいらっしゃいます。しかし一般的には過去問対策を行なっても、試験本番では合格点にぎりぎり届くか届かないかのボーダーライン付近の可能性が高いと思います。それは、じっくり時間を掛けて考えれば正解出来る問題でも、時間制限があると正解を導き出すことは予想以上に難しいからです。
 試験本番に臨む前に自分の実力が合格圏内に達しているのかどうかを判断するには模試を受けることが必要です。模試の結果を踏まえて復習なり対策なりをすることで合格圏内に入る可能性が出てきます。

過去問や模試で間違えた箇所を復習すること

 間違えた問題を復習せずにそのまま放置すると、次回も同様な間違いを犯す可能性が高いと思われます。
間違える原因は、
(1)当該分野が未学習で全く知識が無いケース。
(2)一応学習したが、知識が曖昧で判断を誤ったケース。

などが考えられます。
 間違えた問題の正解及び解説を読み、必要に応じて基本書に立ち返って復習することで知識が定着します。弱点を一つ一つ潰すことで得点力がアップします。

宅建の学習方法
資格試験に合格する人と不合格となる人との違いは何か
宅建試験に不合格となる人のパターン
宅建試験に合格する人のパターン
試験当日のアドバイス
サイトマップ1

株式サイト

株式投資

リンク

不動産適正取引推進機構

作成日:2007年12月03日 月曜日
更新日:2008年10月14日 火曜日
Copyright (C) 2007-2008 宅建試験初心者合格サイト All Rights Reserved.