資格試験に合格する人と不合格となる人との違いは何か


宅建試験初心者合格サイト宅建の学習方法>資格試験に合格する人と不合格となる人との違いは何か

カテゴリ

資格試験に合格する人と不合格となる人との違いは何か

 資格試験に合格する人と不合格となる人との違いは何でしょうか。結論から申しますと、私論では学習方法の良し悪しの違いだと考えます。
 資格試験は合格点に達した人が合格となり、合格点未満の人が不合格となります。それは明白な事実であります。しかし自分を含めて周囲を見渡すと、頭の良い人が試験に合格して、頭の悪い人が不合格になるのかと言うと、実際には必ずしもそうではないように思えます。
 宅建試験は資格試験の中では特に受験者数が多い試験です。宅建試験の参考書は数多く出版されています。WEBサイト上では受験ノウハウや資格予備校の情報が氾濫しています。
 宅建試験の参考書の中には分かり易いと評判のものがあり、多くの受験者が利用しています。高評価で優位性が高いと思われる同じ参考書を利用していながら、合格する人以上に不合格になる人が存在するのは何故でしょうか。それはいくら参考書が優れていても、それを使いこなせなくては効果が出ないからです。
 高評価で一番売れている参考書であっても、当該参考書の書評を見ると賛否両論であったりします。これは良い参考書であると絶賛する人がいるかと思えば、自分には合わないと酷評する人がいます。客観的に見てよく出来ていると思われる参考書でも、編集方針が読者に正しく伝わっていなかったり、間違って解釈されており、著者が意図する使われ方が成されない場合が往々にしてあるようです。
 これは学力の差とか理解力の差と言うよりは、学習方法の良否の差、モチベーションの持続力の差であるように思います。良い道具があったとしても、使い方が下手だと役に立たないということです。
 上記を踏まえて、宅建試験の効率的な学習方法を考える上で、試験に合格する人と不合格になる人との思考・行動パターンの違いについて考察してみました。

宅建の学習方法
資格試験に合格する人と不合格となる人との違いは何か
宅建試験に不合格となる人のパターン
宅建試験に合格する人のパターン
試験当日のアドバイス
サイトマップ1

株式サイト

株式投資

リンク

不動産適正取引推進機構

作成日:2007年12月03日 月曜日
更新日:2008年10月14日 火曜日
Copyright (C) 2007-2008 宅建試験初心者合格サイト All Rights Reserved.