宅建試験に不合格となる人のパターンとは


宅建試験初心者合格サイト宅建の学習方法>宅建試験に不合格となる人のパターンとは

カテゴリ

宅建試験に不合格となる人のパターン

 宅建試験に不合格となる人の思考・行動パターンは以下のように推察されます。
・そもそも全く勉強しない人。
→仕事やその他の用事で忙しくて勉強時間が取れないケース、会社から資格取得を奨励或いは命令されたが今ひとつやる気が起きないケースなどが考えられます。

・試験を申し込んだが試験本番を欠席した人。
→合否を議論する以前の問題ですが、試験本番を欠席する人はかなり存在しています。体調不良、不慮の事故、モチベーションの低下などが原因と考えられます。

・基本書を通読したが思うように理解が進まずに途中で挫折した人。
→初学者が分厚い基本書を通読しても、時間が掛かり過ぎる割には理解が進みません。どうしても通読したい場合はページ数が少ない入門書にするか、或いは各章毎、分野別に読んで、読んだ後はすぐに当該分野の過去問学習に入るのが良いでしょう。

・基本書を通読しただけで試験準備期間の大半を使ってしまい過去問学習をしなかった人。
→過去問学習をしないと、どんな問題が出題されるのか、論点は何か、どのように正解を導き出せば良いのかが分かりません。宅建試験は過去問と同様な問題が形を変えて繰り返し出題されます。過去問学習は宅建試験の出題傾向を知る重要な手段であり、合格への近道です。

・基本書を読み過去問も解いたが模擬試験を受けなかった人。
→過去問を解いていたのである程度の得点力が付いていたと思われます。しかし2時間で50問を解くという実戦形式のトレーニングが不足していたので、時間配分を誤ったり、未知の問題が出た場合に慌ててしまって正常な対応が取れないことが推察されます。平均点は取れても合格点には僅かに届かなかった可能性があります。

・模擬試験を受けたが受けっ放しで復習をしなかった。
→模擬試験を受けるとその時点での得点力が分かります。しかし模試を受けっ放しで、間違えた問題を復習しなければ効果は半減します。模試は弱点を明らかにする絶好のチャンスです。復習したら再度同じ問題の模試を実施して、得点力が向上したかどうかを確認する必要があります。

宅建の学習方法
資格試験に合格する人と不合格となる人との違いは何か
宅建試験に不合格となる人のパターン
宅建試験に合格する人のパターン
試験当日のアドバイス
サイトマップ1

株式サイト

株式投資

リンク

不動産適正取引推進機構

作成日:2007年12月03日 月曜日
更新日:2008年10月14日 火曜日
Copyright (C) 2007-2008 宅建試験初心者合格サイト All Rights Reserved.