らくらく宅建塾シリーズの特長


宅建試験初心者合格サイトらくらくらく宅建塾シリーズの使い方>らくらく宅建塾シリーズの特長

カテゴリ

らくらく宅建塾シリーズの特長とは

シンプルな基本書と豊富な過去問との相乗効果

 らくらく宅建塾には以下の様な特長があります。
(1)合格に必要な最低限の情報でまとめられている。
(2)表現が分かり易く取組み易い。
(3)重要事項が語呂合わせで覚えられる。
(4)基本書を敢えてシンプルにして過去問宅建塾で情報を補足している。

一般的に資格試験の受験者は、基本書には合格に必要な全ての知識を網羅してほしいと思いがちです。しかし基本書に情報を詰め込み過ぎると百科事典の様になってしまい、初学者は消化不良を起こして挫折する要因となります。

基本書は重要事項を押さえつつも最低限の情報にとどめ、過去問宅建塾で枝葉の情報を補足し全体としての学習効果を高める、というのがらくらく宅建塾シリーズの特長です。

勿論、受験者の前提知識や特性は様々ですので、らくらく宅建塾が合うケースと合わないケースとがあります。他の法律系資格を既に取得している方や、大学や専門学校で法律の学習経験がある方は、重厚な基本書でも対応出来ると思います。逆に宅建業や法律学習の経験が無い初学者には、らくらく宅建塾が向いていると思います。

私は宅建業の業務経験や法律の学習経験はありませんでしたが、らくらく宅建塾シリーズを活用して2007年度の宅建試験に合格出来ました。自己採点での得点は39点でした。(50点満点で2007年度の合格点は35点。)
初めて宅建試験を受験する方にとって、らくらく宅建塾は強い味方になると思います。

兄弟サイト

株式投資

リンク

不動産適正取引推進機構

作成日:2008年09月13日 土曜日
更新日:
Copyright (C) 2007-2008 宅建試験初心者合格サイト All Rights Reserved.