宅建試験の受験者種別


宅建試験初心者合格サイト宅建試験情報>宅建試験の受験者種別

共通メニュー

宅建試験を受験する方の境遇は?

 宅建試験は様々な職業、様々な境遇の方が受験しておられます。宅建資格は会社員、学生、主婦、定年退職された方など、老若男女を問わずあらゆる方々とって有益な資格です。

不動産関連の会社に勤務している方

 宅建業を営む業者は、各事務所毎に、その事務所の従業員の5人に1人以上の割合で、成年である専任の取引主任者を置かなければなりません。従って不動産関連の会社に勤務している人は、会社から資格取得を奨励されたり資格手当てが付いたりするので、受験される方が多いと思われます。

その他の業種の会社に勤務している方

 不動産を直接的に扱わない会社であっても、例えば銀行とか金融関係の会社にお勤めの方は、融資する際の担保物件として不動産を扱う場合があります。宅建主任者の知識があると業務に役立つので受験される方が多いと思われます。
 不動産及び金融に無関係であったとしても、業務で行う取引には契約がつきものです。宅建試験で学習する民法及び権利関係の知識は間接的に業務に役立ちます。

学生の方

 法律を勉強している学生の方は、民法を学習した延長線上で実力を試す意味で、宅建試験を受験される方がかなりいらっしゃると思います。
 就職活動をする際に国家資格を持っていると履歴書に記載出来ます。また、自己啓発をしていることをアピール出来るので、受験される方が多いと思われます。

主婦の方

・将来的に住宅を購入する予定があるので不動産取引に関する予備知識を得たい。
・子育てが一段落したら働きたいので何か役に立つ資格を取得したい。
・自己啓発の為になにか資格取得に挑戦したい。
などの動機で受験される方が多いと思われます。

無職の方

 不動産系業種への就職を目指して、或いは就職活動全般を効率的かつ有利に進める為に資格取得を目指す方が多いと思われます。

定年退職された方

・再就職の為。
・ボランティア活動に活かす為。
・何か目標を見つけて生活に張りを持たせる為。
・頭を使ってボケ防止をする為。
などの目的で受験される方が多いと思われます。

宅建試験情報
宅建試験とは
宅建試験の受験理由とは
宅建試験を受験するのはどの様な方か
宅建試験得点分布シミュレーション(2007年度)

株式サイト

株式投資

リンク

不動産適正取引推進機構

作成日:2008年09月12日 金曜日
更新日:
Copyright (C) 2007-2008 宅建試験初心者合格サイト All Rights Reserved.