宅建試験の受験理由とは


宅建試験初心者合格サイト宅建試験情報>宅建試験の受験理由とは

共通メニュー

宅建試験を受験する理由

 宅建試験を受験する理由には様々なものが考えられます。

業務に直結するケース

 不動産業界や金融関係の会社にお勤めの方は、宅建資格が業務に直接的に役立ちます。
 宅建業を営む会社の事務所には、従業員数に対して一定の割合で成人で専任の宅建主任者を置く必要があります。そのような会社では資格手当てが支給される場合があります。
 会社から資格取得を奨励されたり、給与や待遇の向上につながる場合があるので、受験するケースが多いと思われます。

不動産取得を前提としたケース

 将来的に土地や建物の取得を予定している方が、不動産取引の流れや建築基準法、不動産に関わる税金などの予備知識を習得して取引をスムーズに進めたり優良な物件を選択したいと考えて、宅建資格を目指すケースが考えられます。

就職活動の一環であるケース

 これから不動産業界や金融関係の会社への就職を目指す方は、直接的な能力をアピールする材料として、その他の業界を目指す方は一般的なビジネス・スキルを間接的にアピールする材料として、宅建資格を目指すケースが考えられます。

自己啓発の一環であるケース

 仕事や就職には関係無いけれども、宅建取得を目指すケースがあります。スキルアップの為、何か目標を設定して達成感を得る為、資格取得そのものが趣味である場合などが考えられます。

宅建試験情報
宅建試験とは
宅建試験の受験理由とは
宅建試験を受験するのはどの様な方か
宅建試験得点分布シミュレーション(2007年度)

株式サイト

株式投資

リンク

不動産適正取引推進機構

作成日:2008年09月12日 金曜日
更新日:
Copyright (C) 2007-2008 宅建試験初心者合格サイト All Rights Reserved.